つくばの塾(つくば市二の宮の学習塾)いくがくゼミナール

| HOME |

バナー542(実績ある-216_05).pngバナー542(実績ある-216_05).png

バナー(99:おすすめ)大.jpg


バナー(メイン)215_0416.pngバナー(メイン)215_0416.png

水戸新聞記事-215_0527ban.jpg水戸新聞記事-215_0527ban.jpg

〔茨城新聞 2015.05.29〕

バナー(02:いくがくで学ぼうとする).png

【全ての保護者様へ濃密なコミュニケーションで、確固とした「学びの素地」を醸成します

家庭教育に第三者が介在することで加速する「学びのコミュニケーション」
生活シーンに「学び」が違和感なく同居する。そんな環境作りをいくがくは大切にしています。


「塾であったことを楽しそうによく話してくれるんです」


お母様からの嬉しいお知らせを頂きました。


聞けば、家庭での「お勉強ばなし」で最も多いのが、

「宿題はやったの?」

そして次が

「先に勉強を済ませてしまいなさい」

なのだそうです。


どちらも、親の切実な思いです。
その子の将来のために、言いたくもないこのひと言を今日も発します。大切な我が子だから。


しかし不幸なことに、彼らはそのとおりに理解をしてはくれていないようです..。

「うるさいなー」
「言われたとおりにフリだけしておこう」


親の心子知らず──。
この不幸な齟齬は一体どうして生じるのでしょう。


原因は2つ。


ひとつは、お子様が「学び」の意味を正しく理解していないということ。

そしてもう一つは「学ぶ」という行為自体に、興味関心を持てていないこと。


いくがくがあなたのお力となれるところは、正にこの部分です。


当学のお授業では、「なぜその単元を学ぶのか」「その知識が実生活ではどのように役立てられるのか」といった学びの意義を丁寧に説明します。

また、履修にあたっては、すべき事のひとつひとつに、具体的な方法が添えられています。


子供が「なぜ?」を満足し、「どうやって?」を理解したのなら、
我々大人が想像もできない集中力と根気を持って作業に没頭するものです。


キーとなるのは双方向のコミュニケーション。


いくがくは「完全個別指導」というこの上ない教務環境を頂き、必要かつ効果的なコミュニケーションを実践して参ります。


【新中3の皆さん】定期試験対策「以外」のTimeQualityをいかに高く維持できるかが要です

前期期末までは内申点の確保の上でも重要な位置を占める「定期試験対策」。
合計4週間を要するこの期間を差し引いた残りの期間を、いかに充実して「受験勉強」に注ぎ込めるかがカギとなります。


確かに上位ランキング校の受験ほど、内申点の合否に及ぼす影響は小さくなります。
とはいえ、基礎力としての学校授業は相変わらず大切にしたいもの──。

少なくとも中間・期末の前、各2週間は対策に割り当てる必要はあるでしょう。


問題なのは、中2の時のようにそこが「焦点ではない」ということ。それ以外のインターバルの期間の「時間品質」をいかに高く維持できるかが本当の勝負ドコロです。


まずは年間行事予定表を元に[カレンダー]に定期試験対策のおおまかな線を引きましょう。そして新しい中3の教科書(英数)を概観して、4月・5月・6月のそれぞれにどんな単元が扱われるのか予測を立てるのです。

科目特性概念図.jpg「積み重ねの教科」である英語・数学は、新出単元とは言っても、過去の履修単元と深く相関関係があるものです。


ならば、学校での授業進捗にリンクさせながら、同時に「受験勉強」として、過去の不理解、苦手意識を埋めてゆこうと言うわけです。


「言うはやすし」でしょうか?

もし、実行の段階に少しでも不安があるのなら、いくがくでアドバイスを受けて下さい。

一刻の猶予もありません。
全てのムダ、非効率を排除して…。


あなたにとっての1分、1秒は、去年に比べて格段にその価値を増していますよ。


【新中2の皆さん】弛みがちな第2学年「鬼門の中2を制するものが高校受験を制する」のです。

「エアポケットの学年」と教育関係者の誰もが警戒する第2学年。
この1年間を無事に渡りきった先にこそ、本当の勝利は待っているのです。


中学進学時のあの緊張感はどこへやら。
すっかり中学の水にも慣れ、楽しい学園生活を謳歌しているこのごろ。

うるさい上級生も減って、学校行事に部活にとまさに中心的な役割を担うわたし達。
忙しくって勉強なんぞしておられません!


これが「エアポケット」と形容される第2学年の具体的なリスクです。

がんばり曲線.jpg
弛みによるパフォーマンスの低下は「2年目のジンクス」などとも形容され、高校にも大学にも、そして新社会人の間にもあります。


しかし、その中でも中学校での現れ方が特にひどい。


深刻な状況は学力の分布図をみれば明らかです。


中2の学力診断テストの結果を棒グラフに示すと、他の学年に見られないある特徴を示すことが多いのです。


いわゆる「ふたコブらくだ」型分布です。


ふたコブらくだにピンと来ないあなたは「筑波山」の形を想像してみて下さい。

つまり学力分布のピークが2箇所現れるということ。


上位側のヤマに問題はありません。

恐いのは下位側のヤマ。
そこには哀れにも「恐怖の中2学年」の魔手にかかってしまった生徒達がひしめき、みな空を仰いで助けを求めているのです。

「中2学年こそが肝心だったのだ」と、

「この学年をこそしっかりと勉学に打ち込まなければならなかったのだ」と、


あらかじめ誰かが教えてくれていたらよかったのに…。



あなたはとてもラッキーです。

今日、そのことを知ることができました。


そしてリスクを避ける方法論と、それを具体化したカリキュラムを備える塾に巡り会うことができたのです。


【新中1の